FC2ブログ














【ワキフェチのためのIV講座】脱ぎたがらないグラドルのおこぼれワキショットを美味しくいただこう!〔うらのうら:浦えりか〕

 今回ご紹介する浦えりかちゃん。 河北麻友子ちゃん似で目がクリっとしたかわいいお顔と透明感のある雰囲気が素敵な女の子です。・・・でも、同じ名前である某エリカ様同様見るからに性格はキツそうな感じ・・・?と思った人、正解です。水着・下着とは言え「なんで私がみずぎ脱がないのいけないの?」と物凄くご機嫌斜めなえりかサマを拝見することが出来ます。
 だったら出るな!と言いたくなりますが短気は損気、ここは見方を変えて彼女の不機嫌っぷりを楽しもうじゃありませんか
 
「うらのうら」 浦えりか Air control 91分

 先にも申しましたがこのえりかサマイメージビデオだというのになっかなか脱ぎません。しかも既に眉間に皺が寄って不機嫌です。 
DMM公式サイトで作品の詳細を見てみる DMM公式サイトで作品の詳細を見てみる
「こんな仕事したくないのに」(本文は写真と関係ありません)

 最初のチャプターは約13分間。ブラウス+タイトミニなOL姿から始まるんですが、ブラウスのボタンに手をかけ脱ぎ始めるまでになんと6分以上掛かっています
DMM公式サイトで作品の詳細を見てみる DMM公式サイトで作品の詳細を見てみる
「ハイハイ、コレでいいでしょ」(本文は写真と関係ありません)

 そこから完全にランジェリーだけになるまでさらに6分あまり。しかもタイトスカートを脱ぎ去る瞬間なぜかカットが入ってて、監督とひと悶着あったのではと想像を掻き立てられます。 6分+6分=12分、収録時間が13分ですから脱ぎ終わった時点でハイ終了~♪ もはや清々しいまでに感じられるやる気のなさ
DMM公式サイトで作品の詳細を見てみる DMM公式サイトで作品の詳細を見てみる
「全部脱げって?バッカじゃないの」(本文は写真と関係ありません)
 競泳水着。でもただ単に泳いで水と戯れているだけ。ガッチリガードを固めてたらいくらニコニコ取り繕ったってしょうがないよ。
DMM公式サイトで作品の詳細を見てみる
「水着って泳ぐ為の物だよね」(本文は写真と関係ありません)

  ベッドで寝起きとしたシーン。ここでもなかなかシーツを離さずなかなか起きようとすらしない。気を取り直しおこぼれ的なワキをいただくとしましょう。
DMM公式サイトで作品の詳細を見てみる DMM公式サイトで作品の詳細を見てみる
「ベッドって寝る為の物だよね」(本文は写真と関係ありません)

 ところが!ここまで気長に待ったご褒美がえりかサマから!ようやく立ちあがると何度も髪を掻き上げシワワキをご開帳くださいます
DMM公式サイトで作品の詳細を見てみる DMM公式サイトで作品の詳細を見てみる
「下着にならなくて良いんだ♪」(本文は写真と関係ありません)
DMM公式サイトで作品の詳細を見てみる DMM公式サイトで作品の詳細を見てみる
「コレ終わったら何食べようかなぁ」(本文は写真と関係ありません)

 涼しげな浴衣を脱いで下に着込んだ水着姿になるえりかサマ明らかにキレてます。先程の我々垂涎の全開ワキは何だったのでしょう。いいえ、それでも脱がなきゃならない彼女の怒りを判ってあげて。
DMM公式サイトで作品の詳細を見てみる DMM公式サイトで作品の詳細を見てみる
「ざけんなよ変態どもが」(本文は写真と関係ありません)

 イメージビデオ史上、我々の股間を挑発させたグラドルはたくさんいますが、ここまでケンカ越しに挑発したグラドルがいたでしょうか!ちなみに比較的穏やかな表情はこちら。股間と合わせてお楽しみください。
DMM公式サイトで作品の詳細を見てみる DMM公式サイトで作品の詳細を見てみる
「ダーからメールきた♪」(本文は写真と関係ありません)

 唯一といっていい笑顔。監督になだめられたのか、必死の作り笑顔を浮かべます。でも、チューブビキニ姿ではちょっと気を抜くとそれも何秒ともちません。カットが入りまくっていて、なんとかなだめながら比較的イイ表情のシーンを寄せ集めたであろうスタッフの苦労の痕が窺えます
DMM公式サイトで作品の詳細を見てみる DMM公式サイトで作品の詳細を見てみる
「はー疲れた。ていうか焼きたくないし!」(本文は写真と関係ありません)

 シャワーシーン。のっけからイヤそうです。 普通にニコッとしたら物凄く可愛いのになぁ。彼氏にしか見せたくないのかねェ
DMM公式サイトで作品の詳細を見てみる DMM公式サイトで作品の詳細を見てみる
「シャワーって洗う為のものだよね」(本文は写真と関係ありません)

 ここへきてようやくふっきれたのか、はたまた「もうすぐ終わるからあとちょっとだけ頑張ろう・・・ね、ね?!」と励まされたからか、険しい表情はなりを潜めたいへん素晴らしいワキシーンとなっています。
DMM公式サイトで作品の詳細を見てみる DMM公式サイトで作品の詳細を見てみる
「はーやっと終わる♪」(本文は写真と関係ありません)

  惜しいのは、彼女は何度も何度も髪の毛を掻き上げる癖があり、その時に全開ワキを楽しめるんです。なればこそ今回取り上げたんですけど、思うに水着・下着姿になるのが物凄くイヤで仕方ないんじゃないでしょうか。 ぼくが監督ならタンクトップ・ドレス姿でひたすら全開ワキを晒してもらう! 

 ここまで不機嫌そうにやってるイメージ作品を観たのはこの方以来。彼女の不機嫌具合もかなりのもの。 小さいころからホイホイされすぎたからなのか、本人たちも煩いんでしょうがそれをあらわにしちゃうと周りまで不幸になることが理解できないのかなぁ。まぁそれでもこうして世の中渡っていけちゃってるから可愛いは正義なんですね。
「Kiss Me Love」 瀬尾秋子 Tract 63分

 我々の仕事においても、同僚や顧客の方みんながみんな気持ちよく接してくれるものじゃありません。偉ぶりたい人・必ず最後に一言余計な事を言わねば気が済まぬ人・二言目には高い安くしろという人・・・正直うんざり。でも、そんな人を「あーもうやめた!」と簡単に切ってしまう程こちらも強い立場じゃないものです。
 しからば、自分が腹立たないような視点で相手を捉え、うまく利用し貰うもん貰ったら精神的負担は多少なりとも和らぐのではないでしょうか。この作品を観てそんな感想を持ちました。

先生、如何でしょう?

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

関連タグ: エグくない作品 ワキ グラドル ワキフェチ Aircontrol 浦えりか ブチギレ スレンダー

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tanizoh.blog.fc2.com/tb.php/186-8aa4c676